Hail The Metal (Metal系YouTube動画保管庫)

のんびり趣味の音楽の動画紹介ブログです^^

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓参加してます(`・ω・´)ポチっとな↓↓

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実に聴かせるメランコリック・ドゥーム「When Nothing Remains」の巻

おぉ。また日付が変わる直前に(;´∀`)
こんばんわ。中の人です。

う~む。ちょっと今後の作戦会議が長引きました。
という訳で今回も早速音楽のお話をば。

本日紹介はスウェーデンのメロディの素晴らしいメランコリックドゥーム
When Nothing Remains」の新譜「As All Torn Asunder」より、
「Mourning Of The Sun」
のご紹介(`・ω・´)

う~む。聴かせてくれますね~。

音楽性物悲しいメロディが胸に迫る、
実にドラマティックなメランコリックドゥームデス/ブラックですね。
分り易いゴシック風味も入ってるので、
このバンドさんもまたこのジャンルでは聴きやすい部類だと思います(´∀`)

比較対象とするならSwallow The SunDraconian辺りでしょうか。
ただ↑にも書いたバンドさんより多少中世のゴシック風味が強い気がしますので、
このバンドさんの方が時代設定が昔なのかもしれません(・∀・)

それにしてもこのバンドさんも悲壮感溢れるメロディが堪りません(*´Д`)
う~む。疲れた時疾走感溢れるメタルも良いものですが、
こういうメタルを聴いて物思いに浸るのもなかなかオツなものですねw

ちなみにBandCampでMP3アルバムは見つけたのですが、
CDがまだ見当たりませんのでもう少し探してみようと思います。
CDがなければMP3アルバムで購入しますので、
このバンドさんももう一度紹介することになると思います(´∀`)

という訳で少し短めですがFacebook、BandCamp、曲のご紹介~(`・ω・´)

Facebook:最新情報やリンク等
 http://www.facebook.com/pages/When-Nothing-Remains/108534192567302

BandCamp:高音質で全曲試聴&MP3アルバムの購入可(要PayPal or クレカ)
 http://whennothingremains.bandcamp.com/


1.Mourning Of The Sun(When Nothing Remains


いやいやこのバンドさんも本当に堪らないメロディです(´∀`)
メランコリックドゥーム最近良い作品が多くて素晴らしいですな。

という訳でまた次回の更新で~-y( ´∀`)。oO○
スポンサーサイト
↓↓参加してます(`・ω・´)ポチっとな↓↓

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| メランコリックドゥーム | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美しく切ないメランコリック・ドゥーム「Swallow the Sun」の新譜の巻

3年間頑張ってくれた「はん蔵」がお亡くなりになりました(´;ω;`)
こんにちわ。中の人です。

「はん蔵」ってなんなのかという話なのですが、
印鑑シャチハタみたいに使えるなんとも便利な印鑑ケースなのです。
個人的にこれがないと非常に困るので速攻で文具屋に行って来ましたよw

と関係ない話はこれくらいで音楽のお話をば。
本日紹介はフィンランドの美しくメランコリックドゥームデス/ブラック
Swallow The Sun」の新譜「Emerald Forest And The Blackbird」より、
「スタジオ近隣風景」、「Cathedral Walls」
のご紹介(`・ω・´)

これは堪らんですよ(*´Д`)

音楽性扇情的透明感があり悲壮感溢れるメロディが素晴らしい、
胸を締めつけられるようなメランコリックドゥームデス/ブラックです。
これは個人的に名盤です(゚∀゚)

ドゥームメタルというジャンルの音楽が、
重く・暗く・単調な音楽だと思ってる方には是非聴いて欲しいですね。
ドラマティックでメロディアスなメタルが好きな方なら、
かなりの確率で気に入っていただけるのではないかと思います(´∀`)

もちろんドゥームに属する系列の音楽ですので、
ミドルテンポな楽曲がアルバムの主体となるのですが、
とにかく耳に残るメロディが素晴らしいの一言なのです(・∀・)

ややアップテンポな楽曲やパートもあったりしますので、
このバンドさんならではの独特なダイナミズムを持ってる点も素晴らしいですね。
10曲で70分近い大作ですが聴いていて全く飽きないです。

しかしこういう疲れてる時に聴くと癒し効果抜群な音ですな(´ω`)
う~ん。このアルバムもまた一年を通して聴くアルバムになりそうです。
という訳で公式ホームページ・曲のご紹介~(`・ω・´)

公式ホームページ:最新情報や各種リンク等
 http://www.swallowthesun.net/site/


※ AmazonはCDのみの取扱い


1.スタジオ近隣風景(Swallow The Sun) ※ 息を呑むような美しい雪景色です。


2.Cathedral Walls(Swallow The Sun


本当に目を瞑ってこの世界観に浸ってると涙腺が緩むような音楽です(´∀`)
いわゆる「泣き」のメロディを、
ここまでハイクオリティで提供してくれるバンドさんも少ないですので、
是非今後もこの路線で頑張って欲しいものなのです(・∀・)

という訳でまた次回の更新で~-y( ´ω`)。oO○
↓↓参加してます(`・ω・´)ポチっとな↓↓

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| メランコリックドゥーム | 17:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。