Hail The Metal (Metal系YouTube動画保管庫)

のんびり趣味の音楽の動画紹介ブログです^^

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓参加してます(`・ω・´)ポチっとな↓↓

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

狂気のブラックメタル「ANAAL NATHRAKH」が変態な件

世の中いろんな音楽が溢れています。
その中でも音楽!?と疑問符が浮かぶようなステキ音楽を紹介します。

1枚目、Anaal Nathrakh」の「In the Constellation of the Black Widow」
よりまずは2曲程いってみますか。
前作ですでにそのキ○ガイっぷりにハマっていたのですが、
新譜?もスゲーですね^^
Voのイカレ具合、クリーンパートの【Emperor】ばりの荘厳度もますますアップです。
いやこのVoホント凄いわ。前作でカルチャーショック受けましたもん^^;
でもこういうバンドの人のほうがインタビューでものすごい知的だったりするので、
ギャップにビビリますが。
まぁなんとかと天才は紙一重というのできっとそんなもんなんでしょう^^
そう言えば「Celtic Flost」の人たちもインタビューでは凄く知的だったなぁ。
作風は前作より禍々しくブラックメタルしてると思います。
デスメタルとはまた違うブラックメタル独特の疾走(激走・暴走とも・・・)
激しい部分は前作以上。
そして荘厳なクリーンパートはより耳に馴染むメロディに。見逃せないバンドです。

先日「Equilibrium」は中世ヨーロッパに旅が出来ると書きましたが、
このバンドは地獄巡りツアーに出掛けることができる極悪なバンドです。
Equilibrium」を「カンダタ」タイプの変態としたら、
かれらは「ケフカ」タイプの変態ですね(ええ解りづらい例えですとも)。


まぁそれは置いといて、ブラックメタルバンドの中で、
Emperor」はじめ真性と呼ばれる人たちは悪魔崇拝です^^;
メンバーが悪魔教?の神父?をやってたり、殺人罪で捕まってしまったり、
教会に放火したり、自らの思想のために自殺してしまったりするようなバンドもあります。

この「Anaal Nathrakh」はそういった意味では真性ではない(と思います)です。
どちらかというと政治的・哲学的思想が多いバンドのような気がします。

しかしここで聞かれる曲は、聞きやすい部分もあるとは言え、
中の人にはいわゆる真性の音に聞こえます。まさしく「地獄」と感じるような音像です。
それは「Wizardry」、「ドラクエ」で言うようなタイプ地獄ではなくて、
「女神転生」で扱われるようないわゆる「終末の世界」的な地獄です。
つまり人間が生み出した地獄ですね。

圧倒的な音像・音圧でまさにそれが目に浮かぶように思います。
昔の「Emperor」や「Disection」等は悪魔を信じ、行動を実践することで、
聖書にあるような(ファンタジックな意味で)地獄を音楽で描いてきました。

行動は褒められたもんじゃありませんが、凄まじい信念です。

彼らの音楽を聴くと醜悪ですが、
どことなく魅力のある実体を持った悪魔がうろうろしてます。
Anaal Nathrakh」は、
彼等とは違う手法でも地獄を描くことも出来るってことを示した訳です^^
政治的・哲学的思想を歌にのせてもこの人達が真性に聞こえるのは、
恐ろしいまでに人間のある一面を、正確に捕らえているからじゃないでしょうか?


我々から理性というたがを取っ払ってしまえば、
こんな音楽のようなもんになるんじゃないでしょうか?
(勿論んなわけねーじゃん!ってほとんどの方が思うのでしょうが^^;)
人は誰でも心の中に悪魔を飼ってます(たぶん)。
彼らは理知的にそんな悪魔を音楽という手法で描いている訳です(きっと)。

余りに醜悪なんで中の人は普段はあまり目を向けないようにしてますが^^
でもこの曲を聴いているとそんな彼が見えるような気がします。

中の人が敬愛する作家スティーブン・キング氏は、自らの小説の中で
「機械が暴走を始めるとき、テクノロジーが行き詰まり、
旧来の宗教制度が崩壊するとき、人々は何かを求めずにはいられなくなる。
大気のオゾン層が、無数のデオドラントのスプレー缶から噴き出すフロンガスの
集中攻撃の前に溶けていくという、実在的なホラー・コメディにくらべれば、
夜の中に彷徨い出るゾンビの方がよほど明るいものに見える。」

と言っています。

つまりゾンビなんかより現実の人間世界の方がよっぽど
怖いってことですね^^;(この人も凄まじく人間描写が得意です。)

ミザリーとか読むと未だに背筋がぞくっとしますね^^
その感覚とこの音楽を聴くときの感覚は似てると思います。
彼らの音楽は狂気(悪魔)を孕んだ人間が町をうろうろしてます。
(あくまで中の人の主観ですのであしからず^^;)

人の持つ暗黒面にダイブして、人間の怖い部分、
狂気に安全に外側から触れることの出来るこの娯楽。皆さんはどう感じるのでしょうか?
(ただの雑音にしか聞こえない人の方が正常かも・・・^^)
という訳でこのバンドに対する深イイ話(どこが?)はおしまいです。
さて狂気へと旅立ってみましょうか。取り込まれないように気を付けて良き旅を・・・

In the Constellation of the Black WidowIn the Constellation of the Black Widow
(2009/07/14)
Anaal Nathrakh

商品詳細を見る

1.In the Constellation Of The Black Widow


2.More Fire Than Blood
スポンサーサイト
↓↓参加してます(`・ω・´)ポチっとな↓↓

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

| 真性ブラックメタル | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。